back to top
トップページ > 北角アクション!一覧 > 西口再開発について、入居者も高い買い物を?

北角アクション!(活動報告)

西口再開発について、入居者も高い買い物を? 2021/04/05(月)活動報告

西口再開発について、入居者も高い買い物を?の写真
当選以来、継続して取り組んでいる西口再開発。今回は、ずさんな計画で、市民負担だけでなく入居者も高い買い物をしているのではないかと議会で質問しました

ビルの評価額を下げて、ただ一人の地権者を優遇?
ビル敷地の地権者は、約95%が蓮田市、約5%が一人の地権者となっていました。地権者は、所有していた土地と、新しくできたビルフロアを等価交換しますが、市は新しくできたビルフロアの評価額を約2割下げ、蓮田市ともう一人の地権者の取得するフロア面積を広くとれるようにしました。しかし、蓮田市が取れるフロアの余裕がなかったので、蓮田市はこれを事実上放棄。これらのことから、残り一人の地権者を優遇したのではないかと質問しました。市はこれを優遇ではないと言っています。

東急不動産は、市に示した計画より3割高でマンションを販売?
東急不動産が市に示した計画では、マンション販売価格は、事前の評価58億円です。これに手数料5億円を加えて販売する計画になっていました。しかし、東急不動産は、評価額2,280万円のところを、2,978万円で募集、評価額3,980万円のところを5,258万円で募集、最多販売価格帯2,700万円台の所を3,700万円台で募集。推定3割高くマンションを販売していたのではないかと質問しました。マンション販売はトントンだからこそ、市と国で約12億円の補助金を打ち、5億円の販売手数料を市は認めたわけで、東急不動産がマンション販売で販売価格の3割も儲けていれば、手数料のほかに16億から17億のぼろ儲けになってしまいます。この点、市は民間が販売することなのでそれはわからないと答弁していますが、再開発の事業者は蓮田市なので、蓮田市は事業全体に責任をもつ必要があります。

診療所予定フロアを塾の会社が取得。なぜ?
診療所予定フロアを地元の人が経営する塾の会社が取得。豊富な再開発で、優良な診療所を入居させられるというのが、東急不動産の提案。こういう状況から、そもそも東急不動産にそんな力はなく、関係者ですべて話ができていたのではないかと質問しました。

お問い合わせは
お電話でも承ります

Tel:048-872-6211
  • 「*」項目は必ずご記入ください。kitazumi5@yahoo.co.jp からのメールを受信可能にしてお問い合わせください。